HOME製品案内 > ルブリコートの製品構成

製品案内 PRODUCT

ルブリコート®の製品構成

ルブリコート®は種々のバインダー(※1)と溶媒に固体潤滑剤(※2)等の固形分を均一に分散させた塗料を使用します。多くの製品群から、用途に合わせ、最適な塗料を選定します。既存の製品群ではまかなえない新たなニーズに対しても、新規の材料開発として、積極的に取り組みます。最適なバインダーと最適な固形分の組み合わせにより、新たな処方を設計して、ご提案いたします。

(※1)バインダーとは
接着剤を意味する樹脂で、塗膜を構成する土台になるもの。代表的な樹脂には、エポキシ、ウレタン、アクリル、フェノール、ポリアミドイミドがあります。常温で反応し塗膜を形成するものと、加熱により反応し塗膜を形成するものがあり、加熱の場合、その硬化温度は80℃から200℃を超えるものまで様々。バインダーは、被塗物との密着性を向上させ、塗膜の硬さ、耐摩耗性、耐薬品性を決める重要な因子になり、被塗物や目的に合わせ選定されます。
(※2)固体潤滑剤とは
ルブリコート®の潤滑性を発揮させる紛体の物質。主に二硫化モリブデン、PTFE、グラファイトがあります。

二硫化モリブデン(MoS2)の特徴

  • 高荷重領域での低摩擦係数
  • 耐荷重性
  • 耐摩耗性

PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)の特徴

  • 低荷重領域での低摩擦係数
  • 非粘着性
  • 撥水、撥油性
  • 耐薬品、耐溶剤性

グラファイト(黒鉛)の特徴

  • 中荷重領域での低摩擦係数
  • ウェット雰囲気の潤滑性
  • 高熱伝導性
  • 高電気伝導性

ルブリコートに関するご相談・資料請求・お問い合わせ

  • 0568-23-1881 平日9:00〜18:00(土、日、祝日は除く)
  • ご相談・資料請求
  • お問い合わせ
PAGE TOP